s-072701.jpg
外出先の娘から、こんな画像が送られてきたのが2か月ほど前。
重いものを入れすぎなんだよっ。千切れるとかびっくり。
修理してもらおうかと小売店へ預けるも・・・片方につき修理代金が5400円ですって。
いずれはもう片方もこうなるので、両方の修理を勧められました。つまり、10800円ですね。
ちなみに、反対側、というか壊れる前はこんな感じ。
s-072704.jpg
散々迷った末、キャンセルをして、商品を返してもらいました。
キャンセルでも預けてから戻ってくるまで一ヶ月はかかりましたね。
驚き。
で、どうせこのままじゃ使えないので、以前に作ってたカバンの道具やら素材を総動員して
直してみましょうか、と。
s-072702.jpg
幸い、2か所の糸を解いてカシメを喰いきりでちぎってみますと、ファスナー部分は解かなくても
どうやら交換できそうです。

使用したのは赤い革テープ。カバンの持ち手になる丈夫なタイプ。
スクリュードライバで穴をあけ、足長の大カシメで上手いことカシメられました。エヘン♪
s-072703.jpg
ミシン目の部分は革用針でステッチを入れようとしたけれど、今付け替えた革テープがしっかりしすぎで
手に負えず。あんまし目立たないし、まあいいやこのままで(笑)
上手くいったので反対側ももちろん交換。なんかすごい得した気分♪
1万出して直しても、もうそんなに使わなかったかもしれないしね。

でも、これ見て、自分で直そうなんてのはお勧めしかねます。
たまたまこれだけ解けば良かっただけだし、普通の手芸店では売ってない足長のカシメがたまたま家にあった、
カシメをとりつけるための道具やテープなんかも無駄に箪笥の肥やしになってたからです。
てか、喰いきりまで家にあるってどうよ、とちょっと自分突っ込み。
もう手作りしなくなって何年経つんだろう、ちょっと勿体ないね^^;
あ、ちなみに娘は全くハンドメイドはダメですよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2miku.blog59.fc2.com/tb.php/443-f4b9e386